脱毛のすべて >  脱毛剤を使った脱毛

脱毛剤を使った脱毛

脱毛剤とは、薬品を使って毛を根元から抜き取る方法で、除毛剤や抑毛剤も含めて、脱毛剤と総称することもあるようです。 除毛剤とは、毛根から毛を抜くのではなく、皮膚から出ている部分の毛のみを取り除く方法で、時間が経てば、また毛が生えてきます。

この除毛剤には、脱毛クリームや脱毛テープなどがあり、手軽にムダ毛を処理することが出来るので、非常に便利な脱毛剤ですが、これらの脱毛剤は、肌の表面を傷めやすく、肌荒れやかぶれなどの原因となることがありますので、注意が必要となります。

そして、抑毛剤とは、脱毛剤と同様に、比較的広い範囲のムダ毛処理に便利な方法で、アルカリ剤で毛を溶かしてしまう方法ですが、効果が分かりずらく、即効性もないようです。 この抑毛剤には、ワックスタイプやジェルタイプのものがあり、ワックスタイプの抑毛剤は、ワックスを暖めて、溶かしてジェル状にしてから、脱毛したい箇所に塗り、しばらくおいてから剥がすと、ムダ毛を処理することが出来るという脱毛剤です。

このように、一口に脱毛剤と言っても様々な種類がありますので、自分に合った脱毛剤を探して購入するようにしましょう。

脱毛剤を使った脱毛一覧

lime.jpg

脱毛ローションとは!?

現在発売されている脱毛剤には、様々な種類がありますが、その中の一つに脱毛ローションがあります。
脱毛ローションとは、脱毛テープや脱毛ワックスのように、毛を剥ぎ取るのではなく、男性ホルモンの働きを抑えて、ムダ毛が生えるのを抑える脱毛剤です。

豆乳ローションで脱毛

最近テレビや雑誌などで話題となっている豆乳ローションは、脱毛に効果があるようです。
豆乳ローションと言うのは、豆乳と少量のアルコールを混ぜて作ったもので、豆乳を使用することで、次第に毛が薄くなって、脱毛効果を期待することが出来るそうです。

脱毛ワックスとは!?

脱毛ワックスとは、ドロッとした感触のワックスを、脱毛したい部分に塗り、上から付属のテープを貼って、少し時間を置き、固まったら勢いをつけて剥がして、脱毛するという脱毛剤です。

脱毛クリームとは!?

脱毛クリームとは、特殊な化学反応により、毛を溶かす作用のある脱毛剤のことで、多く出回っている脱毛剤のなかの一つです。
なぜ多く出回っているのかというと、脱毛クリームは、カミソリなどで処理した後と比べると、処理後の肌がきれいで、また痛みも全くありませんので、気軽に使用することが出来る脱毛剤として人気があるからです。