脱毛のすべて >  レーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは、レーザー光の特定の色にだけ反応する性質を利用し、毛根にあるメラニンという、肌の黒い色素にのみ反応する、特殊なレーザーを照射することによって行う脱毛の方法です。

レーザー脱毛は、皮膚に与えるダメージが少なく、毛の再生の働きをする、毛細胞部分のみに熱ダメージを与える為、周囲の皮膚に反応することもなく、やけどや色素沈着の心配もなく、ほぼ脱毛出来ると言われています。 脱毛の為にレーザー光を照射すると、毛根と毛乳頭のメラニン色素に熱が吸収されて、毛根と細胞を破壊する為、高い効果を保障するものとなるようです。

レーザー脱毛による脱毛は、厚生労働省より、医療行為であると通達されていますので、信頼のおけるクリニックなどでの治療を行う必要があります。

レーザー脱毛とは一覧

lime.jpg

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛は、肌の黒い色素、メラニンにだけ反応する、特殊なレーザーを照射する脱毛法で、皮膚に与えるダメージも少なく、確実に脱毛出来る方法として、最も信頼されている方法です。
また、発毛組織が、医療レーザーの熱によって破壊されると、永久脱毛になります。

エステサロンのレーザー脱毛

レーザー脱毛は医療行為なので、医療機器ではない脱毛機でも、医療資格のない者が行えば医師法違反に当たります。
その為、医師のいる皮膚科や美容整形などのクリニックでなければ、レーザー脱毛を受けることは出来ません。

レーザー脱毛器とは!?

レーザー脱毛器とは、脱毛時に使用する器具のことで、レーザー光を利用して、脱毛を行うという特徴があります。
このレーザー光は、特定の色を感知して、その部分にだけ、集中的に熱を加えて反応させるという特質を持っていますので、毛根部分にある黒い色素(メラニン)だけを、熱破壊して脱毛することが出来るのです。

レーザー脱毛機とは!?

レーザー脱毛機とは、ムダ毛処理の為のレーザーを発することが出来る機械のことで、病院で使われているレーザー脱毛機の価格は、1,000万円以上するそうです。

皮膚科のレーザー脱毛

レーザー脱毛というと、エステで行うことを思い浮かべがちですが、現在は、皮膚科でもレーザー脱毛の施術を受けることが出来ます。

脱毛に使用するレーザー

レーザー脱毛とは、1996年にはじめて医療機関で使用され、その後10年間で、急速に進化して普及した最先端の脱毛法で、毛根にある色素にレーザー(光)を照射して、毛を再生出来なくさせる方法です。